現代社会の情勢

 

多くの人が将来不安を感じることの上位4つがお金の悩みです。

 

年金の支給年齢も上がってきています。

 

定年年齢は上がったけど、お給料は下がっていきます。

 

終身雇用という制度は実質崩壊しています。

 

安倍内閣が「働き方改革」の一環で副業や兼業を解禁し始め、社員の副業を認める企業も増えてきています。

 

副業が必要になっている世の中になってきたのです。

 

でも、手あたり次第に副業を始めても非常に効率が悪いです。

 

副業を権利収入という形で得ていかなければ、本業と副業の間で疲れてしまいます。

 

権利収入の内容やメリットなど、詳しい内容を把握している人はそこまで多くないかもしれません。

 

権利収入とは何か、真の権利収入を得る副業は何か!

 

家計を節約しながら権利収入を得る方法のご紹介です。

 

お金の悩みを解消すれば将来不安はなくなる!

 

 

 

 

 

 

権利収入とは

権利収入は、労働しなくても入ってくる収入のことです。

 

会社員やアルバイトなど多くの仕事は、労働収入です。

 

労働収入は、会社員のように、自分の時間を労働に費やし、その労働力の対価として得る収入のこと。

 

自分の労働力に対して報酬が発生するので、もしたくさんお金を稼ごうと思えば、その分たくさん労働しなければいけません。

 

1日は24時間なので、たくさん稼ぎたいからとたくさんの時間を労働に費やしても、時間には限度があります。

 

それに対して、権利収入は、何らかの権利を持つことで得られる収入のことを言います。

 

身近な例でいうと、家賃収入や株主などの債券、本の印税が挙げられます。

 

限られる時間の中で、効率的にお金を稼ぐ手段として、この権利収入が非常に注目されているのです。

 

 

権利収入が必要な3つの理由

ここからは、権利収入が求められる理由について解説します。

その1:将来に不安な人が多い

日本人の平均収入は、ここ5年間ほどで上昇傾向にあります。

 

ただ、今後いつ経済が停滞して私たちの給料が下がったり、クビになったり、などは誰にも予想できません。

 

現代の日本は、少子高齢化問題を抱えており、1000兆円越の借金があることに加え、人口減少や少子高齢化による負担が大きく、十分な予算を確保できません。

 

それが、健康保険や厚生年金保険料、消費税アップに影響しているのです。

 

その結果、日本人の平均年収自体は上がっているのにも関わらず、手取り額が昔と比べて少なくなっています。

 

老後、年金はもらえるのかなど、将来に不安を感じている人が多いのが現状で、リタイア後も心配なく生活するために、権利収入でしっかりとお金を稼いでおく必要があります。

 

 

その2:自動的に収入を得られる

時間に対する対価としてお金をもらうわけではないので、これは権利収入の一番のメリットです。

 

副業といっても、本業の働く時間などによって、誰でも簡単にできるものではありません。

 

ただ、権利収入タイプの副業をすることで、本業として働いている間も報酬が発生する仕組みとなるため、時間や労働の制約を受けません。

 

一度仕組みを作ってしまえば、基本的にその後何もしなくても自動的にお金が入ってくるので、とても注目されています。

 

しかも、インターネットが普及した現代では、時間とお金をかけずに手軽に仕組みを構築できるので、以前よりも権利収入を作るハードルは下がっています。

 

 

その3:ビジネス経験を積める

たまに周りから、「副業をする=本業に力が入ってない」などマイナスに捉われることがありますが、副業をすることはむしろプラスになることの方が多いです。

 

副業にはたくさんの種類がありますが、その知識や経験が本業のスキルアップにつなげることが考えられす。

 

例えば、仕事の内容自体は異なるものの、何か相手に勧めたり人との関係性が求めれる副業であれば、それだけでコミュニケーション能力が鍛えられます。

 

社会人として、コミュニケーション能力は必須で、最近の若い人などを中心にコミュニケーション力の欠如が問題視されることがあります。

 

 

どのような権利収入を選ぶかが重要

一概に権利収入と言っても、その種類は多岐に渡ります。

 

集客して、実際にそのサービスを利用してもらわないと権利収入とはなりません。

 

多くの人が、日常生活で必要としているものを選ぶことで、お互いプレッシャーなく権利収入を構築することが可能です。

 

 

 

 

 

 

権利収入を選ぶポイントその1:生活必需品

電気代や水道代、電話代など、生活をする上で必要なもの又は支払方法が従来と変わらないものがいいでしょう。

 

権利収入を選ぶポイントその2:使用感などに個人差がない

商品によっては、個人によってその効果が異なることがあります。どの性別、年代でも、同じ効果や使用感があるものなら、みんな満足します。

 

権利収入を選ぶポイントその3:手間のかからないもの

日常生活で使っていないものを取り入れる場合、何かと手間がかかります。

今まで使っていたものと変わらないものなら、手間や変化が必要なく無駄がありません。

 

権利収入を選ぶポイントその4:コンビニやスーパーで代替品が販売されていない

近所のコンビニやスーパーでなどで購入できるような商品であれば、インターネットが苦手なシニア世代などにとっては買い出しの方が楽かもしれません。

コンビなどで購入できない商品こそが、権利収入を作る上で大切なことです。

 

権利収入を選ぶポイントその5:一般市場価格に比べて価格が安い

高い商品なら、たとえ権利収入を構築できると言っても、始めにくいです。

 

権利収入を選ぶポイントその6:在庫として残らない

副業を始めたものの、大量の在庫管理で困るという場合があります。

利用する頻度によって在庫として残らないものが理想です。

 

権利収入を選ぶポイントその7:商品価値が薄くならないもの

時代の流れによって、人々が必要とするものは異なります。

例えば、車のカーナビ。

カーナビが発売された当初、こんなにも便利な商品あるのかと驚いた人は多いでしょう。

でも、今の時代スマートフォンの普及によって、カーナビアプリをインストールすることで無料でカーナビを使えるようになりました。

カーナビはなくなったとは言えませんが、確実に商品価値は薄くなっています。

 

権利収入を選ぶポイントその8:商品価格が10000円以下

商品の価格に関連しますが、あまりにも高い商品なら手が出しにくいですね。

 

権利収入を選ぶポイントその9:他社への乗り換えが面倒

多くのライバル業者が存在すれば、利用者は比較・検討して商品を決めます。

すぐに他社に乗り換えられるような商品なら、権利収入として構築するのは簡単ではないでしょう。

 

権利収入を選ぶポイントその10:インターネットオークションで売買されていない

通常よりも格安に購入できるネットオークションにある商品なら、より安く取引ができるネットオークションを利用する人が増えるかもしれません。

ネットオークションでは売買されていない商品には、大きな価値があります。

 

全ての条件を満たす「Wisビジネス」

「そんな都合のいい権利収入なんてあるの?」と思うかもしれませんが、あるんです。

 

それが、「Wisビジネス!

ただ今エージェント募集中!

 

 

 

 

ウイズビジネス6つの特長

あなたの人生が変わるビジネスプラン

1.少額の資本で参入できる
2.マーケットが大きい
3.在庫などのリスクが全くない
4.ノルマがない
5.権利収入が確保できる
6.全員参加型の社会貢献ビジネス

 

どの時代も、私たちの生活を安心に変えてくれる保険は、全ての人になくてはならないものです。

 

エージェント限定のスペシャルサポートして、万が一の保障・補償から福利厚生制度まで、あらゆるサポートが用意されています。

 

保険という普段の生活の一部分を、将来に向けた「安心」に変えてみてはいかがですか?

 

 

エージェント限定のスペシャルサポート